News

Facebook Icon Twitter Icon Linkedin Icon

Publisher Growth

Facebook Icon Twitter Icon Linkedin Icon

Webメディア・アプリ・ECサイトのための All-in-One プラットフォーム「AnyManager」において、新機能のCWVアナリティクスをローンチ

Web PublisherのCore Web Vitalsスコアを可視化し、UX改善をサポート

AnyMind Group株式会社(読み:エニーマインドグループ、代表取締役CEO:十河 宏輔)は、Webメディア・アプリ・ECサイトのための All-in-One プラットフォーム「AnyManager」(エニーマネージャー)の新機能として「CWVアナリティクス」を本日より提供開始いたしました。

■AnyManager CWVアナリティクスをローンチした背景
Google検索セントラルブログによると、2021年6月よりCore Web VitalsがGoogle検索のランキングに組み込まれました。
*https://developers.google.com/search/blog/2020/11/timing-for-page-experience

Core Web Vitalsとは、Googleが発表したLCP(Largest Contentful Paint)、FID(First Input Delay)、CLS(Cumulative Layout Shift)のUXにまつわる3つの指標のことを指します。

Web PublisherはCore Web Vitalsの指標を改善することで、ユーザーエンゲージメントが高まり、Webサイトの価値を向上させることが可能です。

このような背景において、当社はAnyManagerの新機能CWVアナリティクスを本日より提供開始いたしました。

■AnyManager CWVアナリティクスとは
AnyManager CWVアナリティクスとは、Core Web Vitalsのラボデータ・フィールドデータのスコアを取得しAnyManagerで統合・分析することができる機能です。過去のデータを取得できるため、Web Publisherはスコアの推移を簡単に把握できます。

■AnyManager CWVアナリティクスで解決できる課題
Web PublisherがCore Web Vitalsの指標の推移をトラッキングするためには、毎日ラボデータ・フィールドデータを取得し、スプレッドシートにデータを入力するため工数がかかります。一方でAnyManagerのCWVアナリティクスは、Core Web Vitalsのラボデータを1日1回のクローリングによってデータを取得するため、手動でデータを入力する必要がありません。

Core Web Vitalsの指標を日常的に確認することで、UX改善のために実施した施策の効果を可視化できます。

■AnyManager CWVアナリティクスでできること
・Overall Score、LCP、FID、CLSのスコアを取得・可視化
・過去のスコア推移をトラッキング
・Google Analyticsとの連携
・改善点の表示(リリース予定)
・改善施策の提案(リリース予定)

■Publisher Growth Managing Director 丸山仁のコメント
AnyManagerはこれまで、Publisherのビジネスの持続的な成長を支えるためにさまざまな機能をリリースして参りました。今回ローンチしたCWV Analyticsは、PublisherのWebサイトのUX改善をサポートし、広告収益の向上にとどまらないPublisherビジネスの成長を支えます。

Latest News