News

Facebook Icon Twitter Icon Linkedin Icon

D2C Solutions

Facebook Icon Twitter Icon Linkedin Icon

EC物流とは?特徴・課題などの基本からシステムの選び方までご紹介

EC物流とは何なのか、どんな機能が必要なのか、EC物流の基本をご紹介します。

ECサイト運営に必要なECサイト・決済・販促などのたくさんの領域の中で、物流領域に関する部分が「EC物流」と呼ばれています。
EC物流はBtoCに特化していることが多くBtoBとは仕様もオペレーションも仕様が違うため、”物流業界”の中でも、EC特化の倉庫やオペレーションを包含して「EC物流」と呼ばれています。

そんなEC物流ですが、購入者まで商品を届けるために必要な機能は、「人的リソース」を除くと「商品在庫の保管」「配送」と、そこに「システム」を加えて大きく3つに大別できます。
※在庫を抱えない受注生産の場合でも、最近は倉庫での検品・同梱などを実施し、品質を担保してから配送することが多い。


1. 物流システム


物流管理システムはその名の通り物流を管理するシステムですが、物流は領域が広いためその役割・機能・タイプによって様々なシステムが存在しています。

例えばシステムの種類の違いだと、クラウド型・パッケージ型・オンプレミス型の3タイプがあり、D2Cブランドに最適なクラウド型は、倉庫内での商品管理に使用されていたシステムが荷主側と連携可能になり「クラウド型物流システム/サービス」と呼ばれています。

機能の違いだと、受注管理システム(OMS: Order Management System)・在庫管理システム・倉庫管理システム(WMS: Warehouse Management System)・輸配送管理システム(TMS: Transportation Management System)に分かれています。D2Cブランドに最適なのは受注管理機能と在庫管理機能を搭載している物流システムで、受注情報の管理・倉庫への出荷指示・在庫数のリアルタイム管理といった機能に加えて、受注〜出荷の自動化も可能なのが特徴です。

また、システム事業者の提供サービス範囲の違いで2つに大別できます。

自己運用型物流システム

システムのみを提供するタイプ。店舗や自社倉庫を抱えるブランドに多く利用されています。D2Cブランドが使用する場合は、倉庫・配送業者とのコミュニケーションを内製化する必要があります。

運用代行型物流システム

システム提供に加え、在庫保管・配送機能などを合わせて提供するタイプ。自社倉庫を持たないD2Cブランド/EC事業者に好んで利用されています。

自社の戦略やフェーズに合わせて最適な物流システムを選ぶことがより重要となってきています。

2. 保管場所(倉庫)


倉庫は用途によって内部の仕様やオペレーションが違うため、EC物流ではECに特化した「EC物流倉庫」が使用されています。BtoBに特化した一般的な倉庫の場合は小SKUを大ロット数で管理するため、EC物流で必要な個別配送に対応していなかったりします。

EC物流倉庫ではオペレーションとWMSが密接に関わっているため、倉庫によって使用できるWMSが異なる場合があります。新たに倉庫と契約し物流オペレーションを内製化する場合は、自社で導入予定の物流システムに倉庫が対応しているか確認が必要です。

詳しくは後述しますが、EC物流では購入者データやパッケージなどによって同じ商品でも購入者ごとに(メッセージカードなど)同梱が必要な場合も多いため、対応業務の柔軟性も倉庫選定のポイントになります。

EC物流倉庫での業務プロセスを押さえておきたい方は合わせてご覧ください。

EC物流倉庫の業務プロセス

EC物流倉庫 – 業務プロセス

EC物流ならではの作業など、EC物流倉庫で発生する業務プロセスをご紹介します。

3. 配送


日本だと、ヤマト、佐川急便、日本郵便などになります。コンビニ受け取りや電子ロッカーなど受け取り方法も多様化しておりECサイト上での購入率にも影響するため、柔軟な対応が求められています。

一緒に読まれているコンテンツ


EC物流の特徴と押さえるべきポイント

EC物流 – 特徴と押さえるべきポイント

EC物流ならではの特徴や押さえておきたいポイントをご紹介します。

EC物流におけるよくある課題

EC物流 – よくある課題

EC物流でよくある課題をご紹介します。

Richill | CX(体験価値)向上と20%のコスト削減を同時に実現!SNS上で物流に関する好反響も

Richill | CX(体験価値)向上と20%のコスト削減を同時に実現!SNS上で物流に関する好反響も

前年比+2,000%の急成長により発生した物流課題を「AnyLogi」導入で大幅に改善

CityCamp | 物流サービスを複数比較しAnyLogiに即決。優れた物流管理システムと伴走型CSの両立が大きな差別化ポイントに

CityCamp | 物流サービスを複数比較しAnyLogiに即決。優れた物流管理システムと伴走型CSの両立が大きな差別化ポイントに

AnyLogi導入により物流面でもD2Cブランドの”こだわり”を実現することが可能に

Latest News